手術看護を専門とする看護師になりたいと思うようになる方がいらっしゃることでしょう。

医師の手足として働くことが使命だと感じているのが窺えて、ともすれば医師の右腕として手術看護をすることを切望するようになるのです。

ゴッドハンドだと言えるくらいの名医と共に手術看護に取り組めることを名誉なことだと思っている看護師がおられると思います。医師と共に患者の明るい未来を約束させる手術看護をすることで、充実した日常を送っていることを実感していくのです。手術看護をするために必要な人員として器械出し看護師と外回り看護師がいまして、それらの看護師が手術室で手術看護を行うことで、医師が理想的な手術をすることができるようになります。チーム医療の結束力の高さが手術の成功率に深く関わっていき、医師と看護師との間に的確でかつ迅速な報・連・相ができるかによって、患者の運命が決まると言っても過言ではないのです。

看護師は、患者がリラックスした気分で手術を受けられるようにするため、患者に好みの音楽を流すかどうかを尋ねていきます。患者は往々にしてクラシックを選択するのだろうと考えられて、BGMで精神を安定させることで手術を乗り越えていこうとするのです。心から安らげる音楽が患者にとっての癒しとなり、生きる上での喜びのひとつとなります。ひいては不安な心を鎮める特効薬となるのです。

ドクターはそんな看護師の仕事ぶりをいつも評価しています。あ、見ていると感じたらすかさず笑顔で返事をしましょう。職場で良い感じのドクターとナースがいてもいいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です