どんな仕事でもそうなんですが、仕事をする上での関係性は結構大事なものですよね。

例えばそれが上下関係であったり、信頼関係であったり。

形は様々ですが、それが実際の仕事に関わってくる場面は結構あると思います。
個人的には特に医療関連の仕事の場合はより重要になってくるんじゃないかと思います。

患者さんとの信頼関係が非常に重要で、それらが全て上手く機能していないと、なかなか質のいいものは提供できないと思います。

ポイントは医師と看護師のパートナーシップ。医師同士、看護師同士の横の関係性。

医師と看護師の信頼関係は、夫婦に似ているという現場の意見があります。言われて違和感は感じません。あうんの呼吸を外来でも病棟でも感じるからです。医師と看護師の会話は業務上の隠語や専門用語のオンパレードです。患者やその家族には不明な会話が多いですね。しかもその会話は短い。家庭での会話も、あれ、それ、どうする?うん、で完結しますね。それと似ているということです。

緊張感の中に、医療への信頼が垣間見えたら、医師・看護師・患者の信頼関係は短い時間で整います。

話は変わりますが、転職にあたって、気になるのはドクターの性格です。看護師の求人情報でチェック可能なものはたくさんあります。転職先の様子は病床数・診療科目・看護体制でわかります。指示を受けるドクターのお人柄は、転職サイトのコンサルタントを通して聞けるといいですね。理想の看護業務に向けて、ベストな条件で就業したいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です